NEWS新着情報
2019/02/10

不動産が負動産になる前に・・・

こんにちは。
女性が経営をする伊勢原市の不動産屋さん
めぐみ不動産コンサルティングの代表の竹田恵子です
 

今日は空家について書いてみようと思います

 

まず、住居が空家になってしまう時

・ご実家の親御さんがお亡くなりになり相続を受けたが自分も持ち家だ

・家を購入したが、会社の転勤等で長期間戻れない

・購入した家が老朽化し、建替えではなく住み替えを選んだ

・親御さんが施設に入り、住む人がいなくなった

等々、皆さん様々な理由がございます

 

頑張ってローンを組んで購入した家

ご両親から譲り受けた家

自分が育った大切な家

思い出が詰まった大切な家

売りたくない

壊したくない

でも、管理を続けるのも大変

 

しかし、、、人が済まなくなった家は

放っておくと不動産➡負動産になってしまいます

 

大切な家がこうなってしまう前に

あなたの大切な家がどんな風に活用する事ができるかをcheckしましょう

このまま売る事ができるのか?

建物を壊して売らなければならないのか?

いくらで買ってもらえるのか?

売らなくても人に貸して賃料収入を得ることができるか?

 

負動産になってしまう前に上手に活用をするとこんなにメリットがあります。

 

例えば・・・

・ご売却をして、親御さんの老人ホームの入所一時金として

・賃貸に出してサービス付き高齢者住宅の賃料の補てんに

・賃貸に出して自分たちの生活費の補てんに

・慣れた家に住みながら空いている部屋をシェアハウスとして貸し、ローンの返済に充てる

等々

特にこれからの時代、一番気になるのが大切な親御様の介護の事!

ですよね?

親御さんがせっかく建てた大切な家

良い時期にちゃんと活用をしてあげて下さい

そうする事で、少ない負担で希望に介護をする事もできます

生前にきちんと処理をしておくことで、嫌な相続の問題も回避する事もできます

親父の目が黒いうちに安心させてあげるのも、家族がバラバラにならない様にする為の大切な方法です

 

 

人が住まなくても税金を支払ったり、風を通したり、お庭の手入れをしたり・・・

金銭も労力も使わなければ維持管理ができません。

 

当社は空家活用にも力を入れている不動産コンサルティング会社です。

めぐみ不動産では「笑顔を住まいに届ける」をモットーに
お客様が笑顔で過ごせるお住まいの形づくりに協力していきます。

負動産になって困ってしまう前に、まずご相談ください。

エリアは神奈川県内はお受けいたします。